スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

剣山にいってきました

 2015-01-12

2015年1月11日、2連休を利用して、
前回、林道で敗退した四国の百名山、剣山にいってきました。
(今回は、試験的にNikon Coolpix P7800を使用)
名前はいかめしいですが、別にツンツンした山ではありません。

山スキーでテント装備を担いでいくことも想定していましたが、
除雪されており、トレースもあり、楽々ほいほい登山でした(剣山までは)。

リフト乗り場(冬期閉鎖)から2時間弱で、剣山山頂。
そこで引き返す人がほとんどですが、
我々は剣山の写真を撮る必要があるので、
剣山山頂から足をのばし、次郎笈までいってきました。
(山の風格としては次郎のほうが上かも)

20150111-1240_01.jpg
(剣方面からみた次郎笈)

剣山写真はこちら

次郎笈までの稜線は風が強く、最大で20m近かったと思われます。
標高が低く、四国であるので、アルプスほどの厳しさはありませんが、
風で飛ばされた霧氷が顔を打ち、痛いわ、風はすごいわで、
なかなか辛い稜線歩きでした。

剣山を下山するころには、雪も降り出し、
風で落ちた樹木の雪は、トレースを消していました。
やはり冬山は侮れないと実感した一日でした。



○P7800の雑感
絞り・シャッタースピード・露出はマニュアルで撮影。

(−)
・拡大すると、画質が粗く、ちょっと残念。
・細部までの描写力はない。(拡大印刷は無理)
・D300に比べると、おもちゃレベル。
・オートフォーカスだけど、焦点が合わせにくいので少し困った。
 ボタンは厳冬期グローブでも普通に押せるが、
 ON/OFFボタンは小さいため押すのに苦労する。
・電子ファインダー…小さすぎて使わない…。いらんわ。

(+)
・軽量(400g)なため、身体的に全く負荷がない。
・防水カバーでくるんで、直接肩がけしたので、
 さっと取り出せ、写真をたくさん撮ることができた。
・ほぼ生身にちかい状態で持っていたが、
 −10度以下でも元気に動き、電池の消耗もほぼなし。

山スキーやテント縦走など、軽量化が必要な時は、
最低限の写真は撮れるかな、という印象…。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukiyamaazarashi.blog.fc2.com/tb.php/376-ff6d6f5e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。