スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【写真UP】5日で3座山スキー

 2014-03-22
2月末、連休をいただくことができ、
最後の?大型山行に行ってきました。
(3月からも気合いで山は続けますが!)

候補となった山は、
四阿山・草津白根山・浅間山・苗場山の4座。
5日のうちに3座は登ろうということで
Kさんにお付き合いいただき(というか連れて行ったもらって)、
山スキーに行ってきました。
いずれも百名山です。

詳細はまた後日アップしますので、
一応いった山とログデータです。

四阿山・草津白根山写真【Kさん】

kusatusirane.jpg
ウォーリーを探せ。わたくしめがどこかに隠れています。(草津白根山 Photo by Kさん)


浅間山 山スキー

2/20(水)夜出発
2/21(木)終日移動

2/22(金)四阿山登頂
2/23(土)草津白根山登頂 苗場山方面に移動・飯山で夜になりタイムアウト
2.24(日)登山口までのアプローチに時間がかかる。苗場山登山口で計画中止
(豪雪すぎて時間的に厳しいと判断)
2/25(月)浅間山登頂 帰宅



5日で3座(草津白根山はゲレンデトップからすぐですが…)は、
モチベーション・集中力・体力的に難しかった。

苗場山に行きたかったけれど、豪雪を前にそのガッツが消えてしまった。
でも、つつうらうらの山を巡る「山旅」はとても楽しく、
5日という時間もあっという間に過ぎていった。

夏に行っていた山でも冬に訪れると全く様相が異なり、
そして、豪雪地帯の人々の生活の大変さもまざまざと感じ、
冬百名山のおもしろみを感じた今回の山旅。

今冬登った百名山は11座になった。

3月からは、Aの生活環境が大きく変わるため、
Kさんと長期の冬山に行くことは難しくなりますが、
この冬に得た経験は何ものにも代え難いものです。

ヘタレなAと気長に山に行ってくださり、本当に感謝です。

●四阿山の記録
2/22(金)
朝から雪がちらつく天気。
前日の好天と比べると、あまり条件は良くない。

8:00   登山者用駐車場(1462m)
Aはとろいので、先行をつとめさせてもらう。
視界は100mちょっと。
だだ広く、全く地形が読み取れないので、
読図と念のためのGPSで確認。

8:41   1612m地点(1.1km地点)
10:07  1845m神社前(3km地点)
12:18  2300m(5km地点)
しばらく登ったところで、
アイスバーンとやせ尾根のため、スキーをデポ。
ツボ足・アイゼンで山頂を目指す。
この頃には軽く吹雪になっていて、風も強い。

12:51  2354m四阿山登頂
12:53  下山開始
12:57  スキー装着
14;45  下山

標高差約900m/距離11km

四阿山の山スキー軌跡です。


●草津白根山の記録
草津白根山はゲレンデからすぐなので、ログ割愛します。
リフト/ゴンドラを乗り継いで、本白根山を目指す。
一番上のリフトは動いていなかったので、
林の中をシール登高。
スキー場の管理が厳しく、それぞれスタッフの言うことが違うため、
人に振り回され、3座の中で一番疲れた(気持ちの上で)。
山と静かに対峙することなく、山との距離を感じた一日。
本白根山自体は、火山らしくツンとしたよい山だった。


●苗場山の記録
草津白根山を登って、そのまま苗場山に移動する。
意外に遠い。
2/23は時間切れで登山口まで行けず。
2/24の早朝から行動するも、アプローチに時間を要し、
秋山郷・小赤沢ルートの登山口に到着したのは8:30。
あまりの豪雪に、すっかり山にのまれ、
時間的にワンデイは厳しく、進退の判断に悩む。
1泊2日の行程にするか、とりあえず途中まででも行くのか、
それともあきらめて帰るか。悩むこと2時間。
Aとしては、今回の山行では体力を使いきらず、温存したいと思っていた。
A のふんぎりがつかず、断念。


●浅間山の記録
2/23苗場山から浅間山に移動し、西参道登山口確認。
日のあるうちに登山口や登山道を確認できると、ほっとする。

2/24
8:14 西参道登山口(浅間山荘)/1413m地点を出発
9:36不動滝(1640m/2km地点)
アイスバーンで急登のためスキーをはずし、坪足で。
気弱になって、自分だけ戻ろうかという気持ちになる。
いつもはそう思わないが、今回は自己セーブする気持ちが強すぎる。
「今回ばかりは無難にいきたい…このままじゃ、帰りの山スキーが大変だぞう」と
弱気な自分と、山頂行きたいぜ!という自分との間で揺れ動く。
結局、やっぱり自分は山頂に行きたいのだ。
ゆっくり歩いてくださるKさんの後を、遅れながらついていく。

11:37 火山館(1995m/3.7km地点)
12:13 2164m/5km地点
岩がゴロゴロしてきたので、スキー板をデポし、坪足アイゼン。
12:32 出発
13:49 浅間山前掛山(2498m /6.8km地点)登頂。
煙がモクモク上がっている。

13:55 下山開始
14:24 デポの場所に到着
薮っぽい中をボーゲンで進む。
15:05 火山館
悪雪に苦しみ、何度か転ける。
15:43 不動滝上部
雪の状態が悪いので、Aはスキー板を担いで降りる。
Kさんは、さすがに薮にも強い。
アップダウンがあるので、Aはしばらく担いで歩く。
足の皮がめくれて痛いが、担ぐこと自体は苦ではない。
埒があかないので、ある程度簡単な斜面はスキーで行く。
悪雪に苦しみ、なんとか無事到着。

16:24 浅間山荘着

標高差1100m/距離13.4km

一目散に、帰路についた。


浅間山の山スキー軌跡。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukiyamaazarashi.blog.fc2.com/tb.php/312-8ea4cb62

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。