スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジョウゴ沢~硫黄岳(アイスクライミング)

 2014-01-13


写真いただきました♪

1/11~13の日程で、
八ヶ岳にアイスクライミングに行きました。
アイスクライミングで有名なジョウゴ沢~硫黄岳の山行。
人工氷瀑は2度登っていますが、
天然アイスは初めて。
しかも、アイスのルートです♪

またもKさんに連れて行っていただきました。

何より最高だったのは、
ただ「ゲレンデ」的にアイスをして遊ぶのではなく、
氷を登攀して稜線に抜け、ピークを踏むという
アルパイン的要素が凝縮された内容を
初めて体験できたこと、
そして冬季登攀の寒さや痛さを少し味わえたことです。

アプローチも近く、ルート取りもコンパクトで、
体力的ハードさはなかったものの、
部分的に難しい滝があったり、風が猛烈だったり、
ヘツリが恐かったり、スクリュー回収が難しかったり、
いろいろと学ぶことが多い山行でした。

今回は完全にKさんにお付き合いいただいた格好なので、
本当に恐縮です。ありがとうございました。

yatuice.jpg
唇には血のルージュ。
ジョウゴ沢のアイスクライミングを終え、
稜線へ抜けるAを撮っていただきました。
(カラビナはくわえちゃダメです)



1/11(土)
美濃戸口~赤岳山荘(車)~歩き~赤岳鉱泉
(道端でチェーンを巻いていたら、
Y先生に遭遇。ガイドのお仕事だそう。わーい。)

ザックはざくっと23kgか。
正月山行から間もないので、重さは感じない。
人間って慣れる生き物らしい。

サクサク歩いて、2h半で赤岳鉱泉in。
本日の行程は以上。
南アは大きいので、そう思うと南八って近い…。
ここは、都会的空気がもんもんとしている。


1/12(日)
7:00 赤岳鉱泉~裏同心沢(新雪が深すぎ断念)

Y先生にお会いする。
「裏同心、ラッセル大変やで」
(その通りで、すぐ断念しました^^;)

ジョウゴ沢F1・F2~大滝(Ⅳ+)~腰ラッセル1h~硫黄岳稜線(12:30)
~横岳方面20分程行く・暴風により赤岳方面への縦走断念~
硫黄岳登頂~赤岳鉱泉14:30

【ラッセルは部分的に先行・あとは完全フォロアー】

F2
さすがに初外アイスでリードは自信がないので、
Kさんにお願いする。
階段状で、登る分には問題ない。
ただ、BDのグローブが冷たくて、手の感覚が失われていく。
回収するスクリューが冷たく、握るのもつらい。

「アイスってこんなに冷たいのか…」

急いで登り終えるが、この状態を続ければ凍傷は間違いないと思う。

「グローブを替えた方がいい」
Kさんのアドバイスで、エラスのウール+BDロブスター、
お気に入りのグローブシステムに変更する。

「ウールあったかいなああ~(幸)」と同時に、
「指いったぁああ!(涙)」

冷え切った指が血流を取り戻すときの痛いこと。悶絶。

「じんじんして痛いって意味がやっとわかりました(;;)」

その後は終日ウール+BDで問題なく過ごす。

2つ、4m程の小さい滝をソロで登り、ナイアガラの滝(Ⅴ)の
右岸をトラバースし、稜線へ通じるルートの一つである大滝(Ⅳ+)を目指す。

大滝(Ⅳ+)
赤岳山荘の「おばちゃんキャンディー」でⅣ-~Ⅳ+くらいの滝を
リードしたことはあるけれども、あの時は完全にフィフィでテンションを
かけて登った。
今回フォロアーで「大滝」を登り、登攀的には問題を感じなかったが、
スクリューの回収にとても手間取る。
(スクリュー凍って回らない!…カラビナ固まって動かない…リーシュ絡まった…)

不安定な箇所で、手間取って回収している内に完全に力尽き、痛恨のフォール。
幸いアックスは氷に刺さった状態で止まったので、
アックスが刺さるという惨事は無かった(滑り止めリーシュは使わない方が安全)。

その後もスクリュー回収時に無心にカラビナをくわえて、唇から流血…
(みなさん、冬季はカラビナをくわえてはいけません…凹)

大滝をヘロヘロになって登りおえ、
部分的に腰ラッセルを1hほどやって12:30稜線に出た。
猛烈な暴風で、身体が吹き飛びそう…。
横岳・赤岳縦走に向け、歩くも、あまりの暴風に「引き返す」ことに。

「あんな早く流れる雲、見たことない…」
赤岳山頂にかかる雲の流れはとてつもなく早い。

先生方は縦走されたのだろうか?
朝はまだ風も緩かったのだろうか?

そう思いながら、
時間も微妙だし、八ヶ岳はまた来る機会も多そうなので登頂を断念。
すぐに引き返し、硫黄岳に登頂、樹林帯の中を平穏に下山した。

とりあえず、八ヶ岳厳冬期+アイスクライミング、寒すぎました。

帰りがけ、阿弥陀の方で救助ヘリが飛んでいるのを見る。
風で滑落したのかもしれない。そういう日だった。


1/13(月)
朝、けぶっていて天気は悪い。
雲の流れも早く、稜線は相当厳しい状況だろう。

8:00 寒さの中、気合いをいれて、アイスに行く。

赤岳鉱泉~ジョウゴ沢F1・F2

F1はとても簡単な滝なので、
リードをする。階段状だし、短いし、問題なし。

F2はKさんにリードをお願いする。
こちらも昨日大滝を登っているので、スクリュー回収等もスムーズ。
手は相変わらず冷たいけれども、
冷え切るまえに、手を下ろして血流回復。

F2を抜け、少し行くも、あまりに寒い。
髪が白く氷り、-20℃を下回っている気がする。

Kさんが登りたいとおっしゃっていた「乙女の滝(Ⅴ~Ⅴ+)」を断念。
F2の高巻きトラバースに心底ビビリ、へたるA。
途中から雪面を懸垂下降して、無事ジョウゴ沢取付に下降。

赤岳鉱泉テント撤収12:00~赤岳山荘13:00着
車にて帰路につく。


鳳凰三山へ行った人々はどうしているかな~
登頂できたかなあ~、風はどうだっただろう?、
もう下山したかなあとか、いろいろと山の話を聞きたく、
気になりつつ、帰りましたトサ。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
数々の写真見ました。きれいやね~

充実した山行だったのでしょう

Aの笑顔がかがやいているものね^^

今後も素敵な山行をしてください。
【2014/01/19 21:15】 | 四太 #- | [edit]
>四太さま
コメントありがとうございます(^^)

とても天気の良い日で、寒かったですが
楽しい山行でした。

ああ、でも!
冬季はカラビナと割り箸を口にくわえないよう
気をつけます笑。
【2014/01/20 10:30】 | azarasi #mQop/nM. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukiyamaazarashi.blog.fc2.com/tb.php/305-e14e70ea

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。